人生一度きり。ワクワクする毎日を

えいぞうblog

未分類

インフルの後の帯状疱疹

更新日:

今年は本厄だからでしょうか?

年が明け1月の終わりにインフルエンザにかかりました。

めちゃ流行ってますよね。

うちの家族が全員インフルになって自分だけ最後までかからずに持ちこたえていたのですが、家族が完治したころ7〜8年ぶりにA型になってしまいました。

ここまでは、まだいいのですが、

熱も下がりインフルがほぼ完治した頃、気づくと左目の瞼にチクチクと赤い発疹ができていました。

虫に刺されたのかなーと軽く考えていたのですが、

そのあと2〜3日であっという間に発疹は大きくなり、痛みもどんどん強くなりました。

流石にこれはおかしいぞと思い、お客様との打ち合わせの後、ほとんど行くことのない皮膚科へ。

診察が始まると同時に先生が「これ帯状疱疹ですね」と即答。

インフルで免疫力が落ちきったところに、子供の頃に発症した水疱瘡が悪さをしているとのこと。

普段、風邪をひくこともないのですが、ちょうどインフルにかかる前はWeb制作のディレクション祭りで寝不足が続いていたな・・・(反省)

とりあえず、「アメナリーフ、ロキソニン、ムコスタ、メチコバール」というお薬を1週間分出してもらい、また1週間後に見せに来てくださいとのことでした。

この病院に行った翌日(発症してから7日目)からさらに悪化・・・。

瞼が腫れて、左目がほとんど開けれない状態になり、かろうじて見える程度。

次の日(発症から8日目)はさらに腫れ、ほぼ左目が閉じた状態になりました・・・。

見た目は完全に「お岩さん」状態です・・・。

仕方がないので、この期間に入っていたアポは全てキャンセルさせてもらい、後日スケジュール調整をしました。

皮膚科で見てもらった時に、一応眼科にも行って瞳に傷が入っていないか確認した方がいいと言われたので、同じ日に眼科にも行きました。

診察を受け問題ないと言われたのですが、ネットで調べると、帯状疱疹で失明することもあるとか書いてあるので、だんだん怖くなりました。

僕の場合、赤い発疹に気づいてから6日目に病院に行きました。

もう少し早く病院に行って薬を飲んでいたら、治りも早かったそうですが、普段からあまり病院に行くことがないので、今回もすぐ治ると甘く考えたのは失敗でした。

処方された薬を飲み始めて4日目くらいからは改善してきました。

薬を飲みきり、1週間後に再度診察を受けました。

先生には、症状は良くなってきているからアメナリーフ以外のお薬を2週間分出しますので、また2週間後に見せにきて下さいと言われました。

どれくらいで治るんですかと聞くと、痛みは1ヶ月くらいでなくなりますが、後が消えるのは3ヶ月はかかります。

えっ、3ヶ月・・・・。そんなに・・・・。

 

-未分類
-

Copyright© えいぞうblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.